RMIとEnergy Web、再生可能エネルギー購入の影響を測定するアプローチを発表

5月9日、エネルギー転換に取り組む非営利団体RMIとEnergy Webは、企業が購入する再生可能エネルギーが排出量削減に与える重要な影響を評価することを目的とした新しい手法の草案を発表した。

本アプローチは、電力集約型産業を対象としているが、どのセクターにも適用できるように設計されている。RMIと Energy Webは、現在、本アプローチをビットコインマイナーに適用しており、投資家、規制当局、顧客がビットコインマイナーのグリーンクレデンスを評価できるような認証イニシアティブの開発を目的としている。

RMIとEnergy Web よると、本アプローチは、RECなどのツールによる市場ベースの再生可能エネルギー購入の実世界への影響を判断する際の課題解決につながり、購入者の事業で発生する特定の排出量とRECによって軽減される排出量の両方を評価するものだという。

Energy Webでは、ビットコインマイニングの認証において、マイニングに使用されるエネルギーの炭素強度を計算し、事業所のグリッドロケーションと、購入した再生可能エネルギーの物質的影響を考慮する。これらの要素は、各マイニング企業やホスティング施設にスコアを与え、そのスコアを認証に使用することになる。

【参照ページ】
(原文)Climate-safe crypto: Energy Web and RMI unveil decarbonization approach for electricity-intensive industries

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る