RMIとEnergy Web、再生可能エネルギー購入の影響を測定するアプローチを発表

5月9日、エネルギー転換に取り組む非営利団体RMIとEnergy Webは、企業が購入する再生可能エネルギーが排出量削減に与える重要な影響を評価することを目的とした新しい手法の草案を発表した。

本アプローチは、電力集約型産業を対象としているが、どのセクターにも適用できるように設計されている。RMIと Energy Webは、現在、本アプローチをビットコインマイナーに適用しており、投資家、規制当局、顧客がビットコインマイナーのグリーンクレデンスを評価できるような認証イニシアティブの開発を目的としている。

RMIとEnergy Web よると、本アプローチは、RECなどのツールによる市場ベースの再生可能エネルギー購入の実世界への影響を判断する際の課題解決につながり、購入者の事業で発生する特定の排出量とRECによって軽減される排出量の両方を評価するものだという。

Energy Webでは、ビットコインマイニングの認証において、マイニングに使用されるエネルギーの炭素強度を計算し、事業所のグリッドロケーションと、購入した再生可能エネルギーの物質的影響を考慮する。これらの要素は、各マイニング企業やホスティング施設にスコアを与え、そのスコアを認証に使用することになる。

【参照ページ】
(原文)Climate-safe crypto: Energy Web and RMI unveil decarbonization approach for electricity-intensive industries

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る