気候変動対策スタートアップのArcadia、JPモルガンを筆頭に2億ドルを調達

5月10日、Arcadiaはエネルギーデータ・プラットフォーム「Arc」の拡張資金を調達するため、新たな資金調達ラウンドで2億ドル(約260億円)の調達を発表した。

本資金調達ラウンドは、J.P. Morgan Asset Managementが最近設立したSustainable Growth Equity Teamが主導し、同チームにとって初の投資となった。JPモルガンは今年初め、さまざまな業界で資源効率や気候変動への適応を推進する成長段階の民間企業に投資するため、初期投資額1億5000万ドル(約195億円)で同チームを発足させた。

2014年に設立されたArcadiaは、電力会社からのエネルギーデータや再生可能エネルギー源へのアクセスを企業に提供し、ユーザーはリアルタイムのデータ分析と自動化を用いて、最も二酸化炭素排出量が少なく、最もコストの低いエネルギーの発見を可能にした。Arcadiaは11月にArcを立ち上げ、現在このプラットフォームはフォード、エネルクス、オーロラソーラー、STEMなどの企業が利用している。また、Arcadiaは700MW以上の太陽光発電を管理するコミュニティ・ソーラー・プログラムも運営している。

Arcadiaによると、本資金調達で得た資金は、Arcのデータ範囲を拡大し、商用ユーティリティデータを含めるとともに、新たなユースケースを拡大し、企業のサステナビリティ目標達成を支援するために使用される予定だという。

【参照ページ】
(参考記事)Arcadia Raises $200 Million Led by J.P. Morgan’s Sustainable Growth Equity Team
(日本語訳)アルカディアはJPモルガンの持続可能な成長エクイティチームが主導して2億ドルを調達

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-24

    UNEP FI、マクロ経済モデルを用いた短期的な気候関連ショックを分析

    5月、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、 英国の国立経済社会研究所(NIESR) …
  2. 2022-5-24

    中国、ILOの強制労働条約の批准を承認

    4月20日、国際労働機関(ILO)は、中華人民共和国全国人民代表大会が、1930年の強制労働条約(…
  3. 日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    2022-5-24

    日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    5月19日、岸田文雄首相は、日本の脱炭素化およびクリーンエネルギー移行目標を達成するための大規模な…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る