MSC、持続可能な水産物の拡大に向けた戦略を発表

漁業

4月25日、海洋管理協議会(MSC)は、持続可能な水産物の成長を支援するための新戦略を発表した。

本戦略では、MSC認証漁業と持続可能な漁業への道を歩む漁業者を支援するための調査とアドボカシー活動にさらに重点を置くことになる。MSCは、漁業が必要とする改善資金を支援するため、海洋管理基金を拡大し、また、MSCへの移行プログラムをすべての漁業に開放している。

2023年3月末時点で、世界の水産物漁獲量の19%がMSC規格の認証または審査中であり、過去1年間に新たに15種42の漁業がMSC認証を取得した。マグロとスケトウダラは依然として主要な認証種である。さらに、中南米とインドネシアの漁業が大きく改善された。例えば、エクアドルのツナコンは、5年間の漁業改善プロジェクトを経て、2022年に初めてMSC認証を取得した。

MSCラベルの販売額は増加し続けている(2022年4月1日から9%増)。Lidl、Findus、Bolton、Walmartなどの重要な企業による取り組み強化の結果、南ヨーロッパ、北米、日本における持続可能な水産物の販売額は大きく伸びている。

この変革を支援するため、MSCは6月、2023年と2024年の世界海洋デーに向けて、新しいキャンペーン「It all starts here」を開始すると発表。健康で繁栄する海を支援するため、水産物業界と消費者にキャンペーンへの参加を呼びかけている。

【参照ページ】
(原文)MSC sets out strategy for expansion of sustainable seafood
(日本語訳)MSC、持続可能な水産物の拡大に向けた戦略を策定

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る