MSC、持続可能な水産物の拡大に向けた戦略を発表

漁業

4月25日、海洋管理協議会(MSC)は、持続可能な水産物の成長を支援するための新戦略を発表した。

本戦略では、MSC認証漁業と持続可能な漁業への道を歩む漁業者を支援するための調査とアドボカシー活動にさらに重点を置くことになる。MSCは、漁業が必要とする改善資金を支援するため、海洋管理基金を拡大し、また、MSCへの移行プログラムをすべての漁業に開放している。

2023年3月末時点で、世界の水産物漁獲量の19%がMSC規格の認証または審査中であり、過去1年間に新たに15種42の漁業がMSC認証を取得した。マグロとスケトウダラは依然として主要な認証種である。さらに、中南米とインドネシアの漁業が大きく改善された。例えば、エクアドルのツナコンは、5年間の漁業改善プロジェクトを経て、2022年に初めてMSC認証を取得した。

MSCラベルの販売額は増加し続けている(2022年4月1日から9%増)。Lidl、Findus、Bolton、Walmartなどの重要な企業による取り組み強化の結果、南ヨーロッパ、北米、日本における持続可能な水産物の販売額は大きく伸びている。

この変革を支援するため、MSCは6月、2023年と2024年の世界海洋デーに向けて、新しいキャンペーン「It all starts here」を開始すると発表。健康で繁栄する海を支援するため、水産物業界と消費者にキャンペーンへの参加を呼びかけている。

【参照ページ】
(原文)MSC sets out strategy for expansion of sustainable seafood
(日本語訳)MSC、持続可能な水産物の拡大に向けた戦略を策定

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る