IKEA Foundation、約860億円の気候変動資金を投入

IKEA Foundation 、 約860億円の気候変動資金を投入

11月10日、IKEAのオーナーであるイングカ財団が出資する戦略的フィランソロピーのIKEA Foundationは、2025年までに6億ユーロ(約860億円)の気候変動資金を展開する計画を発表した。同財団は、代替タンパク質や植物性タンパク質への転換を促進し、農業におけるメタンガス排出を削減することを主要分野として掲げている。

本コミットメントは、IKEA Foundationが昨年発表した気候変動プログラムへの資金提供に関する10億ユーロ(約1,430億円)の誓約の一部で、そのうち4億ユーロ(約570億円)は、発展途上国におけるクリーンエネルギーの移行に焦点を当てたGlobal Energy Alliance for People and Planet (GEAPP) に充当されている。

残りの6億ユーロ(約860億円)については、排出量削減のためにフィランソロピーが行う最も効果の高い介入方法を特定するための調査を委託した。本調査は、システムチェンジ企業のシステミックとクリーンエネルギー移行に特化した非営利団体ロッキーマウンテン研究所(RMI)と共同で実施され、COP27気候会議で発表された。

本調査では、代替タンパク質への転換や農業排出の削減の他にも、公平で包括的なエネルギー転換に向けた資金援助、上流のメタン排出を最小限に抑えるための市場創出、政府レベルでの泥炭地保護・修復プロジェクトの能力開発、サプライチェーン強化によるロス削減努力、運用と資金調達の革新による電動2・3輪車市場支援、新興国における宇宙冷房など、慈善活動の展開として高い効果を持ついくつかの機会を特定した。

【参考ページ】
(原文)IKEA Foundation to Deploy €600 Million on Philanthropic Climate Solutions by 2025
(日本語訳)IKEA Foundation、2025年までに慈善活動として気候変動対策に6億ユーロを投じる

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る