WBCSD、異なる技術ソリューション間の排出量データの交換を初めて主導

WBCSDのPartnership for Carbon Transparency (PACT) が、異なる技術ソリューション間の排出量データの交換を初めて主導。

4月14日、持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD)は、ナレッジパートナーとしてMcKinsey & Companyの支援を受け、一次および検証済みの製品排出データを機密かつ安全に交換できるようにする方向で動き出した。

パスファインダー・ネットワークは、さまざまな技術ソリューションが接続し、バリューチェーンや業界を超えたピア・ツー・ピアのデータ共有を可能にするオープンで分散型のネットワークインフラを提供する。

本ネットワークの開発は、カーボンデータ交換のためのテクノロジーソリューションやプラットフォームが数多く出現しており、真の透明性を実現するためには、これらのすべてが相互運用可能な必要があるという現実により推進された。

過去1年間、テック・フォー・グッド組織であるSINE財団と大手テクノロジー企業が目標に向けて共同で取り組んでおり、今回の最初の交換はCircularTree、IBM、SAP、Siemensのソリューションによって実現された。透明性の創出は、組織が気候変動に関する目標や公約に対して説明責任を果たし、実現するための重要な推進力であり、目標設定者、投資家、政策立案者、消費者から同様に高い要求を受けている。

情報の透明性の創出により、企業は十分な情報を得た上で調達や製品開発に関する決定を行う。また、サプライチェーンの脱炭素化に向けた投資、より正確な情報開示によって脱炭素化の進捗を測定・追跡し、環境の透明性に関する法的要件を遵守する。

バリューチェーンで発生するスコープ3の排出量は、ほとんどのビジネスセクターで排出量の80%以上を占めているが、排出量はまだ大きな未知数である。企業は脱炭素化活動の加速を迫られており、透明性の確保がますます求められる。しかし、これまで企業は測定できないものを追跡し、削減することはできないため、透明性の確保ができていなかった。PACTは、脱炭素社会のパートナーであるエコシステムとともに本問題に取り組んでおり、成功するためには、課題の方法論と技術的側面において、協調的思考、密接な連携と統合が必要であるという考えに基づいている。

最初のデータ交換は、パスファインダー・ネットワークの設立のための基礎となる。次に、アマゾン、iPoint、マイクロソフト、SAGEグループの更なる支援により、PACTは新しい技術要素を導入し、組織がパスファインダー・ネットワークを利用して、サプライチェーン全体で排出量データを交換できるようにする予定である。

【参照ページ】
(原文)Partnership for Carbon Transparency (PACT) leads first exchange of emissions data across different tech solutions
(日本語訳)Partnership for Carbon Transparency (PACT) が、異なる技術ソリューション間の排出量データの交換を初めて主導

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る