Robeco、持続可能な投資に関するIPへのアクセスをオープン化

Robeco、持続可能な投資に関するIPへのアクセスをオープン化

8月23日、国際的な資産運用会社であるRobecoは、持続可能な投資の知的財産へのアクセスを開放する新しいプログラム、「持続可能な投資オープンアクセス構想」を発表した。

新イニシアティブの第一段階として、Robecoは顧客と学者グループに対し、独自の持続可能な開発目標(SDG)企業スコアへの無料アクセスを提供すると発表した。Robecoは、本イニシアティブの後の段階で、より多くの利害関係者が利用できるよう、他の持続可能な投資のデータとIPを公開するつもりであると述べている。

Robecoは、本イニシアティブを発表した声明の中で、持続可能な投資における最大の課題に対処するため、業界が協力してデータの改善と標準の定義に取り組むことに大きく貢献することを目指すと述べている。

Robecoは、投資可能な企業のSDGsへの貢献を定量化できるようにすることを目的に、2017年にSDGsフレームワークの開発を開始した。本フレームワークは、UBS Global Wealth Management、BBVA AM、pensioenfonds INGといった世界最大の資産家を含む、同社の多くの顧客ポートフォリオに使用されている。

Robecoによると、今回の新たな取り組みで、データに関するフィードバックを積極的に求めており、本プログラムにより、データとその手法の堅牢性がさらに高まることを期待しているという。

【参照ページ】
(原文)Robeco opens up its Sustainable Investing IP with launch of new SI initiative
(日本語訳)Robeco、持続可能な投資に関するIPへのアクセスをオープン化

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る