SMI、低炭素経済への移行に向け、G7に対し民間市場投資を可能にする政策設定を要請

6月26日、2020年に発足した持続可能な市場を目指した世界的連合である Sustainable Markets Initiative(SMI)は、G7各国政府に対し、低炭素な世界経済への移行に向けた投資のために民間部門の資本動員を可能にする政策や慣行を制定する要請を発表した。

署名者には、プロフェッショナルサービス企業のKPMG、PwC、デロイト、EY、金融サービス企業のバンク・オブ・アメリカ、HSBC、ステート・ストリート、エネルギー企業のbp、シェルなどのトップマネジメントが含まれている。

本声明は、必要な民間部門の投資を促進するために、今週ドイツで開催されるG7サミットにおいて、大規模な産業経済国のリーダーたちがとるべき一連の重要な行動領域を強調している。SMIは、「意味のある」炭素価格のパラメーターを定義した。トン当たり30〜70ドルの範囲では、石炭への投資はもはや意味をなさないと指摘し、70〜120ドルでは水素や炭素回収などの産業ソリューションが実行可能となり、120ドル以上では負の排出技術が財政的に魅力的となる、と述べている。

このほか、低炭素の公共調達の決定、研究開発や人材育成への投資などを通じて公的資金の効果をより最適化すること、混合金融の仕組みを通じて民間投資のリスクを低減すること、持続可能な燃料の航空輸送の義務付け、内燃機関の段階的廃止、特定のメタン排出政策など明確な政策を通じて明確さと安定性を提供することなども、声明で求められている。

【参照ページ】
(原文)As G7 leaders gather for this year’s meeting in Germany, we offer three critical areas for action.
(日本語訳)SMI、G7に炭素価格の引き上げと気候変動対策への民間市場投資を可能にする政策の設定を要請

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る