バイオベンチャーのセルジー、石油由来のパーソナルケア製品の代替に490万ユーロを調達

5月21日、2018年に設立されたデンマークの産業バイオテクノロジー・スタートアップのセルジーは、生体材料と生きた細胞を使用して構造とデバイスを作成するバイオファブリケーションにおいて、化石由来の材料に変わるセルロース・ベースのソリューションを提供しており、同社の乾燥セルロース製品EcoFLEXYの生産拡大に向けて、490万ユーロ(8.3億円)を調達したと発表した。

パーソナルケア業界では、多くの大手化粧品ブランドが、より持続可能で環境に配慮した処方へのコミットメントを表明しており、セルロースのような天然で生分解性のある成分の需要が高まっている。セルジーの科学者チームは、バクテリアの力を利用する独自のプラットフォーム技術を開発し、セルロース生産微生物を活用して、糖のバイオコンバージョンから高純度の結晶セルロースを生産している。このプラットフォームは、炭素集約的な石油化学製品に代わる、完全なバイオベースかつ生分解性の代替製品を生み出す。

【参照ページ】
(原文)Danish industrial biotechnology startup Cellugy raises €4,9M to replace petrochemicals in personal care products
(日本語参考訳)デンマークの産業バイオテクノロジースタートアップCellugyがパーソナルケア製品における石油化学製品の代替に向け490万ユーロを調達

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る