AIGCC、新ワーキンググループを立ち上げ、中国での投資家活動を拡大

4月24日、気候変動に関するアジア投資家グループ(AIGCC)は、中国市場に投資する投資家の関心の高まりに対応するため、新たに中国ワーキンググループを立ち上げた。本創設により、AIGCCのワーキンググループは合計で7つとなった。

中国は、2030年までに炭素使用量のピークを達成し、2060年までにカーボンニュートラルを実現するというデュアルカーボン目標を達成するために、多額の投資を必要としている。風力や太陽光といった競争力の高い低炭素エネルギーの選択肢は、すでに中国で大規模に展開されている。

中国排出量取引制度(ETS)や中国・EU共通基盤税制-気候変動緩和(CGT)など、中国における主要政策の開始と発展は、気候変動とESG投資に関する投資家の緊急性の高まりに拠っている。

AIGCCの投資家主導のワーキンググループでは、メンバーがAIGCCの調査や政策目標の設定に参加すると同時に、投資家の実務に関わる主要分野の専門知識や経験を深めることができる。

中国ワーキンググループは、発足初年度は、活発な議論を促すため、現在AIGCCのメンバーではない中国人投資家にも門戸を開く予定。

【参照ページ】
(原文)AIGCC expands investor work in China with launch of new working group
(日本語訳)AIGCC、新ワーキンググループを立ち上げ、中国での投資家活動を拡大

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る