オランダ、40~50億ユーロ(約5,300~6,700億円)のグリーンボンドを発行

5月10日、オランダは、気候変動の緩和と適応のためのプロジェクトやイニシアチブに資金を提供するため、40~50億ユーロ(約5,300~6,700億円)の調達を目的とした新しいグリーン債券の発行計画を発表した。発行は6月14日に予定されている。

本グリーンDSL融資は、オランダ国庫庁(DSTA)が最近更新したグリーンボンド・フレームワークに基づいて実施する。

EUグリーンボンド(EuGB)基準の策定は、より持続可能な金融システムを促進し、EUおよび世界の気候目標を推進するために必要な投資の促進を目的とした取り組みの一環として、2021年7月に提案された。提案されたグリーンボンド規則は、企業や公的機関が資本市場での資金調達にグリーンボンドを利用する方法について、「ゴールドスタンダード」を作り、厳格なサステナビリティ要件を満たし、投資家をグリーンウォッシュから保護しつつ、サステナブル・ファイナンスの資金調達促進を目的としていた。本提案は最近、EU理事会で承認され、EU議会で欧州グリーンボンドの最終版を起草するプロセスに移った。

本フレームワークは、気候変動に関する目標を達成するために、グリーンDSL発行による適格な支出カテゴリーの概要を示している。太陽光発電や風力発電プロジェクトへの補助金、全国的な水素ネットワークの構築などの再生可能エネルギー、建築環境を対象としたエネルギー効率化プロジェクト、高周波鉄道やその他の公共交通ネットワークの改善などのクリーンな交通、洪水防御、水位監視、水処理・配水プロジェクトなどの気候変動適応と持続可能な水管理などのカテゴリが含まれる。

【参照ページ】
(原文)Green Bonds are bonds of which the proceeds will be allocated to green, or climate-related, expenditures and investments
(日本語訳)オランダ、40~50億ユーロのグリーンボンドを発行、EUの分類に初めて完全準拠

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る