石油ガス会社PETRONAS、クリーンエネルギー会社設立。30GW以上の再エネ容量を目指す

PETRONASがクリーンエネルギー会社を設立、30GW以上の再生可能エネルギー容量を目指す

6月16日、マレーシアの総合石油ガス会社PETRONAS (ペトロナス)は、再生可能エネルギー、水素、グリーンモビリティの一連のソリューションを提供し、エネルギー転換の機会を捉えるためのクリーンエネルギーソリューションの新会社、Gentari(ジェンタリ)の設立を発表した。

ペトロナスは、新会社の2030年のサステナビリティに関する野望について、風力発電やバッテリーストレージの機会を追加した3~4千万kWの太陽光発電容量の建設、年間最大120万トンの水素供給、アジア太平洋地域の主要市場で10%のEVエコシステムの市場シェア獲得などを説明した。

新会社は、インドとマレーシアで1GWp以上の太陽光発電容量を持つクリーンエネルギー資産とプロジェクト、マレーシアやその他の市場で開発中のクリーン水素プロジェクトのパイプライン、Vehicle-as-a-Serviceモデルによる220台以上のEVでスタートを切った。

【参考ページ】
(原文)PETRONAS Supplies Global Clean Energy Demand with Independent Entity GENTARI
(日本語訳)ペトロナス、独立事業体「GENTARI」で世界のクリーンエネルギー需要をまかなう

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-25

    Workivaのサーベイ:自社のESGデータを7割以上の経営幹部が信頼をしていない

    6月23日、ビジネスデータ・報告ソリューションプロバイダーのWorkivaが発表した新しい調査によ…
  2. 資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    2022-6-25

    資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    6月22日、オルタナティブ投資に特化したグローバルな資産運用会社であるOaktree(オークツリー…
  3. 2022-6-25

    Brookfield、過去最大のネット・ゼロ移行ファンドで約2兆円を調達

    6月22日、グローバルなオルタナティブ資産投資家であるBrookfield(ブルックフィールド・ア…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る