MetaVerse Green Exchange、企業の出張旅費をオフセットできるカードの販売開始

MetaVerse Green Exchange、企業の出張旅費をオフセットできるカードの販売を開始

6月16日、シンガポールに拠点を置くデジタルグリーン取引所MetaVerse Green Exchange(MVGX)は、企業が出張などの管理しにくい炭素排出量を追跡し、オフセットできる新しいツール「Net Zero Card」の提供開始を発表した。

新しいソリューションは、企業が気候変動対策に取り組むための身近な方法として設計されており、ブロックチェーンベースの炭素クレジットを搭載したプリペイドカードだ。同カードはホワイトラベルソリューションとして開発され、当初は公共交通機関や民間交通機関を利用した通勤やイベントなど、シンガポール国内の旅行関連のアプリケーションに対応する予定。

同カードは、MVGXにとって、個人から機関投資家まで幅広く適用される初めてのサービスで、ユーザーが「Net Zero Diary」で移動期間と移動手段に基づいて排出量を計算できるようにする。排出量の算出後、MCGXはカードのプリペイド量に応じた量のカーボンニュートラルトークン(CNT)を払い戻す。

MVGXは、ユーザーのスマートフォンのジオトラッキングを利用して、旅の二酸化炭素排出量を追跡・測定するモバイルアプリも開始すると表明している。

【関連記事】OCBC銀行、MetaVerse Green Exchangeと提携し、トークン化されたグリーン・ファイナンス・ソリューションの提供を開始

【参照ページ】
(原文)Customizable Net Zero Card Puts Power in the Hands of Businesses to Counter Micro-Level Emissions Such as Business Travel
(日本語訳)カスタマイズ可能なネットゼロカードは、出張などのマイクロレベルの排出量に対抗するために企業の手に力を与えます

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る