スイス政府、グリーンボンドの発行計画を発表

スイス政府、グリーンボンドの発行計画を発表

スイス政府は、持続可能な金融市場に参加するソブリン債発行者の増加に伴い、グリーンコンフェデレーション債の発行計画を発表した。

スイス連邦議会の発表によると、グリーンボンド市場に参加することで、スイスは持続可能性へのコミットメントを示し、スイスの金融センターが持続可能な金融サービスにおける国際的なリーダーとなるためのさらなる努力を目指している。

今回の発表は、持続可能な金融市場が大きく成長している中で行われた。ムーディーズ社が最近発表したレポートによると、2021年の第1~3四半期におけるグリーンボンドの発行額は、前年同期比75%増の3,800億ドルと記録的に急増し、通年のサステナブルボンドの発行額は1兆ドルを超えると推定されている。

この急成長の背景には、企業や、最近ではソブリンの発行体による市場への参加が増えていることが挙げられる。スイスは、今後予定されているグリーンボンドの発行により、100億ポンド(約1兆5,283億円)のグリーンギルトの発行を開始した英国や、120億ユーロ(約1兆5,700億円)という記録的な発行額を達成したEUなどに加わることになる。今年初めには、スペインが初の50億ユーロのグリーンボンドを発行したほか、カナダが50億ドル (約5,696億円)のグリーンボンド発行計画を発表し、イタリアやドイツなどの国々も初のグリーンボンドを発行した。

グリーンボンドとは、発行者が資本市場で資金を調達し、その資金を再生可能エネルギー、エネルギー効率、生物多様性の保全、グリーンビルディングなどの適格なグリーンプロジェクトに利用することを目的とした債券である。スイス連邦議会によると、連邦財務局(FFA)は、連邦環境・運輸・エネルギー・通信局(DETEC)と協力して、2022年末までにグリーンボンドのフレームワークを作成し、グリーンコンフェデレーションボンドの発行による投資対象のカテゴリー、プロジェクトの選定プロセスの詳細、報告義務などを盛り込む予定である。

【参照ページ】
(原文)Federal Council wishes to show its commitment to sustainability with green Confederation bonds
(日本語訳)スイス政府、グリーンボンドの発行計画を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る