ダウとP&G、プラスチック・リサイクル技術の共同開発契約を締結

3月25日、 米国の化学世界大手であるダウと消費財業界大手のP&Gは、プラスチック・リサイクル技術の新開発に関する共同開発契約を締結したことを発表した。この契約は、リサイクル困難なプラスチック包材を再生するクローズド・ループ・リサイクルを目指している。

今回の共同開発契約では、まずポリエチレンに焦点を当て、家庭から排出されるプラスチック廃棄物を対象に、溶解技術を使用して幅広いプラスチック材料をリサイクルする。特に、リサイクルが困難な硬質、軟質、多層包装を対象としています。最終的な目標は、高品質の消費者再生(PCR)ポリマーを生産し、P&Gが包材として活用することである。

このプロジェクトでは、両社が特許技術とノウハウを持ち寄り、協力して取り組む。

ダウは2030年までに廃棄物を変革し、300万トンの循環型・再生可能ソリューションを商品化するというサステナビリティ目標を掲げている。一方、P&Gは2030年までにリサイクルまたは再利用可能な設計の消費者向けパッケージを100%使用することを目標に掲げている。この共同開発契約は、両社が持続可能なプラスチックサプライチェーンの構築に向けて重要な一歩となる。

【参照ページ】
(原文)Dow and Procter & Gamble to develop a new proprietary recycling technology targeting hard-to-recycle plastic waste

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る