IBM、サステナビリティ・データ&アナリティクス・ソリューション・プロバイダーのEnvizi社を買収

IBM、サステナビリティ・データ&アナリティクス・ソリューション・プロバイダーのEnvizi社を買収

1月11日、IBMは環境パフォーマンスデータと分析ソフトウェアのプロバイダーであるEnviziの買収を発表した。IBMは、Enviziを同社の一連のAI搭載ソフトウェア機能と統合し、組織がより回復力のある持続可能なオペレーションとサプライチェーンを構築できるようにすることを目指す。本取引の条件は非公開。

Envizi社は、持続可能なビジネスの構築を支援するために、脱炭素化に焦点を当てた洞察力を引き出すことを目的とした意思決定支援ツールを企業に提供している。Envizi社のソフトウェアは、500種類以上のデータの収集と統合を自動化し、主要なサステナビリティレポートのフレームワークをサポートする。また、カスタマイズ可能なダッシュボードを提供し、環境目標、機会、リスクに関する分析、管理、報告を可能にする。

今回の取引は、AIを活用したESGソリューション能力の強化に向けたIBMの最新の動きとなる。同社は2021年10月、企業が事業に直面する環境・気候関連のリスクを予測・監視・報告し、自社の気候変動対策を管理できるようにすることを目的としたAI駆動のSaaSソリューション「IBM Environmental Intelligence Suite(EIS)」を発表した。

IBMは、「Envizi」がEISと統合することで、環境条件が企業のオペレーション、資産、サプライチェーンに与える影響を評価し、計画することを支援するほか、「IBM Maximo」資産管理ソリューション、「IBM Sterling」サプライチェーンソリューション、「IBM Turbonomic」および「Red Hat OpenShift」などの他のソリューションとも統合すると述べている。

【参照ページ】
(原文)IBM Acquires Envizi to Help Organizations Accelerate Sustainability Initiatives and Achieve Environmental Goals
(日本語訳)IBM、サステナビリティ・データ&アナリティクス・ソリューション・プロバイダーのEnvizi社を買収

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る