Goldman Sachs、エネルギー貯蔵ソリューションの新興企業Hydrostorに約288億円を投資

Goldman Sachs、エネルギー貯蔵ソリューションの新興企業Hydrostorに約288億円を投資

1月11日、長期エネルギー貯蔵ソリューションプロバイダーであるHydrostorは、Goldman Sachsから2億5000万ドル(約288億円)の優先株式融資のコミットメントを受けたと発表した。この出資により、オーストラリアとカリフォルニア州における蓄電プロジェクトの開発、および同社のプロジェクト開発パイプラインの世界的な拡大を支援する。

エネルギー貯蔵ソリューションは、エネルギー転換のための重要な投資分野として浮上している。風力や太陽光などの再生可能エネルギーの多くは断続的に発電する性質があり、24時間体制でエネルギー需要を満たしながら、エネルギーを無駄にしないことが求められるため、蓄電は急速に拡大するクリーンエネルギーへの移行において重要な構成要素の一つとなっている。

カナダに拠点を置くHydrostorは、特許取得済みの圧縮空気エネルギー貯蔵(A-CAES)技術を用いた長期的なエネルギー貯蔵ソリューションを提供。A-CAESは、鉱山やガス事業で使用される部品を使用し、低負荷で費用対効果が高く、50年以上の寿命を持ち、5時間から数日間のエネルギーを貯蔵できる拡張性のあるエネルギー貯蔵システムを構築している。

同社は世界各地でさまざまな開発段階のプロジェクトを実施しており、オーストラリアとカリフォルニア州では110万kW、870万kWhのA-CAESプロジェクトがある。

Hydrostorによると、Goldman Sachsは、Hydrostorの資金需要に合わせ、プロジェクトのマイルストーンに応じたトランシェで出資し、開発、建設、運営を通じてプロジェクトの遂行を加速させる予定とのこと。また、今回の資金調達は、Hydrostor社のグローバルな開発およびマーケティング活動を支援するものだ。

【参照ページ】
(参考記事)Goldman Sachs invests $250 million in Hydrostor to advance compressed air energy storage projects
(日本語訳)ゴールドマン・サックス、圧縮空気エネルギー貯蔵プロジェクトを推進するため、Hydrostorに2億5000万ドルを投資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る