エネルギー貯蔵設備市場予測、2030年までには20倍以上に

エネルギー貯蔵設備市場予測、2030年までには20倍以上に

エネルギー経済環境調査サービスを行う「ブルームバーグNEF (BNEF)」は11月15日、世界中のエネルギー貯蔵設備は、2030年末までに2020年の20倍の358GW(1,028GWh)になると発表した。これは2020年の日本の全発電容量を上回る量。米国と中国の貯蔵量は、2030年までに世界の蓄電設備の半分以上を占めると考えられている。

2030年までに建設されるエネルギー・ストレージの大部分(55%)は、エネルギー・シフティング(例えば、太陽光や風力を蓄えておいて後で放出すること)に利用されるとBNEFは予測した。

また、家庭用と商業・産業用の両方の顧客設置型バッテリーも注目が集まっている。現在、ドイツと日本が市場をリードしており、オーストラリアとカリフォルニアでも大規模な市場が形成されている。BNEFは、2030年までに家庭や企業に設置されるエネルギー貯蔵が、世界の貯蔵設備の約4分の1を占めるようになると予測している。

【参照ページ】Global Energy Storage Market Set to Hit One Terawatt-Hour by 2030

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る