英国首相リシ・スナック氏、エネルギー安全保障・ネット・ゼロ省を立ち上げ

英国首相リシ・スナック氏、エネルギー安全保障・ネット・ゼロ省を立ち上げ

2月7日、英国政府は、エネルギー安全保障・ネット・ゼロ省を新設し、短期および長期のエネルギー供給の確保と、気候変動に関する公約の達成に向けて英国を軌道に乗せることに焦点を当てると発表した。

今回の発足は、リシ・スナック首相が発表した、現在のビジネス・エネルギー・産業戦略省(BEIS)を分割した4つの新省庁の一部を構成するものである。その他の新省庁には、科学技術省、ビジネス・貿易省、文化・メディア・スポーツ省が含まれる。

首相府は、本発表を受けた政策文書の中で、新しいエネルギー安全保障・ネット・ゼロ省の主要な重点分野と責務について詳述している。「エネルギー供給の安全性を確保し、市場が適切に機能するようにし、エネルギー効率を高め、ネット・ゼロの機会を捉えて、新しいグリーン産業で世界をリードすることに焦点を当てた献身的なリーダーシップを発揮する」という使命も含まれている。

同省の短期的な目標として、生活費を軽減するためにエネルギー料金を引き下げる必要性に焦点を当てている。その他の優先的な成果には、英国が法的拘束力のあるネット・ゼロ公約を確実に達成すること、ネットワークインフラと国内エネルギー生産の提供を加速すること、家庭、企業、公共部門の建物のエネルギー効率を向上させ、新しいグリーン産業への投資でネットゼロ機会とジョブクリエーションを実現させることが含まれている。

また、BEISが提出したエネルギー法案を可決することも同局の任務であり、これには産業用炭素回収・貯蔵、水素製造、洋上風力発電プロジェクトの承認期間短縮を支援する提案が含まれている。

持続可能な投資を重視する団体は、新部門の設立を称賛する一方で、政府に対してより明確で野心的な気候変動対策計画を求める声を上げた。

同省は、エネルギー安全保障・ネット・ゼロ担当国務長官に任命されたグラント・シャップスが率いることになる。シャップス氏は、直近ではビジネス・エネルギー・産業戦略担当国務長官としてBEISを率いていた。

【参照ページ】
(原文)UK government confirms new Department for Energy Security and Net Zero
(日本語参考訳)英国政府、「エネルギー安全保障・ネットゼロ省」の新設を決定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る