Liminal、約23億円を調達

EVバッテリー技術のスタートアップ企業であるLiminalが約23億円を調達

2月6日、バッテリー製造インテリジェンスのスタートアップであるLiminalは、1750万ドル(約23億円)を調達したことを発表した。本資金調達の目的は、EVバッテリー製造のためのデータと分析を提供するプラットフォームの拡張にあることを明らかにした。

2015年に設立されたLiminalは、超音波技術と機械学習を組み合わせて活用し、バッテリーメーカーに高度な洞察を提供し、バッテリーの性能と安全性の向上、生涯コストの低減を可能にしている。同社は2022年にEVグレードのバッテリー専用に設計された高速超音波検査ソリューション「EchoStat」プラットフォームを発表し、バッテリーセルメーカーや自動車OEMの商品化および市場投入までの時間短縮を支援することを目的としている。

本資金調達ラウンドは、気候技術投資家のArcTern Venturesが主導し、スウェーデンのギガファクトリー企業Northvoltや、環境持続可能性に焦点を当てた初期成長段階の投資家Ecosystem Integrity Fundなどが新たに資金調達に加わった。

【参照ページ】
(原文)Liminal Raises $17.5 Million in Series A2 Funding to Catalyze Production of Safe, Reliable, High-Quality EV Batteries
(日本語参考訳)安全・安心で高品質な電気自動車用電池の生産を促進するため、Liminal社がシリーズA2資金調達で1750万ドルを調達

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る