EU、”再生可能な水素 “を定義する規則を制定

EU、”再生可能な水素 “を定義する規則を制定

2月13日、欧州委員会は、EUにおける再生可能水素の定義を示す詳細な規則案を発表した。これは、EUが今後数年間にわたりクリーンエネルギー源への投資を大幅に拡大しようとしている中で、欧州内外の燃料生産者にとって重要な意味を持つ。

新しい規則は、エネルギーインフラ投資、国家補助規則、産業および運輸部門における再生可能水素の法的目標など、EUの水素に関する幅広い規制の枠組みの一部をなすものである。

水素は、よりクリーンなエネルギーへの移行において重要な構成要素の一つと考えられており、特に、風力や太陽光などの再生可能エネルギーによる解決策が現実的ではない、排出量の削減が困難な部門にとって重要である。

年間約9,000万トンの水素が製造されているが、その大部分は化石燃料を使用して抽出されており、汚染物質や温室効果ガスの排出を引き起こしている。他の物質から水素を抽出するプロセスの電力に再生可能エネルギーを使用するグリーン水素のようなクリーンな水素供給能力の開発には、インフラ、電解、輸送などの分野で大規模な投資が必要となる。

2022年、EU委員会は欧州での水素生産を劇的に拡大する計画を発表し、2030年までに再生可能水素の国内生産を1000万トンまで拡大し、さらに1000万トンの水素輸入を想定した「水素アクセラレーター」を提唱した。さらに最近では、ロシアの化石燃料への依存をなくすためのEUの計画「REPowerEU」に、2030年までの主要な水素インフラへの270億ユーロ(約3.8億円)の投資案が含まれている。

再生可能水素を構成する条件として最も厳しいもののひとつが、「追加性」の原則で、電解槽が新たな再生可能エネルギーによる発電に接続され、グリッドで利用できる再生可能エネルギーの量がすでに存在する量よりも確実に増加することが要求されている。また、この規則には、十分な再生可能エネルギーが利用可能な場合にのみ製造が行われることを保証する基準も含まれている。

EUの再生可能水素規則案は、国内および国外の生産者に適用され、生産者がEU単一市場で再生可能水素の遵守と取引を証明するための認証制度が設けられる予定である。

欧州委員会はまた、再生可能水素を含む非生物起源の再生可能燃料(RFNBOs)のライフサイクル温室効果ガス排出量を計算するための方法論を提案し、上流排出量、系統からの電力摂取、加工、最終消費者への輸送に伴う排出量を考慮することを発表した。

【参照ページ】
(原文)European Commission proposes regulation for renewable hydrogen definiti
(日本語参考訳)欧州委員会、再生可能水素の定義に関する規制を提案

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る