INEOS、約1,957億円を調達し、ゼロ・カーボンフットプリントを実現する化学工場を建設

INEOS、約1,957億円を調達し、ゼロ・カーボンフットプリントを実現する化学工場を建設

2月13日、化学企業のINEOSは、「ヨーロッパで最も環境に優しいクラッカー」と呼ばれ、水素を燃料とすることで二酸化炭素排出量ゼロを実現する「 Project ONE 」の建設と操業のために、35億ユーロ(約1,957億円)の資金を確保したことを発表した。

本プロジェクトは、年間1450ktのエチレン生産能力を見込んでおり、欧州の化学分野への投資としては過去20年間で最大規模となる。

アントワープにある Project ONEは、エタンをプラスチック、断熱材、繊維、包装材などの用途に使われる原料であるエチレンに変換するクラッカーで構成されている。クラッキングは、大きな分子を非常に高温で小さな分子に分解するもので、通常、化石燃料源から大量のエネルギーを使用する。

INEOSによると、Project ONEはヨーロッパで最もエネルギー効率の高い生産拠点となり、二酸化炭素排出量はヨーロッパの平均的な蒸気クラッカーの3倍、ヨーロッパのベストパフォーマンス10%の半分以下となる。

さらに、本プラントは、低炭素水素のみで操業できるように建設されており、炭素回収施設のためのスペースも確保されている。INEOSは、低炭素水素が十分に利用できるようになれば、このクラッカーの二酸化炭素排出量はゼロになると述べている。

今回発表された資金調達には、15億ユーロ(約2,124億円)の無担保債務、輸出信用機関UKEF、Cesce、SACEからの12億ユーロ(約1,700億円)の担保付ファシリティ、および8億ユーロ(約1,133億円)の担保付トランシェが含まれている。本取引は、21の商業銀行からなるコンソーシアムによって支援された。

【参照ページ】
(原文)INEOS Secures €3.5 billion financing for project one – The greenest cracker in Europe.
(日本語参考訳)INEOS、約1,957億円を調達し、ゼロ・カーボンフットプリントを実現する化学工場を建設

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る