規制当局、EUの持続可能な投資ルールの厳格化を推進

規制当局、EUの持続可能な投資ルールの厳格化を推進

2月13日、フランスの金融市場規制機関である金融庁(AMF)は、欧州における持続可能な投資およびESG投資商品の提供者は、ESGアプローチに従い、特定の環境基準を満たす商品を提供することを求められるべきだという一連の提案を発表した。

AMFの提案は、2023年1月に施行されたEUの持続可能金融情報開示規則(SFDR)に基づき、第8条および第9条のファンドの提供者に対して、より厳しい要件を追加することを目的としている。

EUのSFDRは、持続可能な成長のための資金調達に関するEUの行動計画の一部を構成している。同規則は、投資家やアドバイザーを含む金融市場参加者に対し、金融商品に関する持続可能性リスクの統合と持続可能性への悪影響の考慮に関する透明性と持続可能性関連情報の提供に関する調和された規則を定めている。

本規制には、持続可能性に焦点を当てた投資ファンドの分類レベルが含まれており、「環境または社会的特性、あるいはそれらの組み合わせを促進する」第8条ファンドと、「持続可能な投資を目的とする」より厳格な第9条ファンドがある。

しかし、AMFが発表した新しいポジションペーパーでは、SFDRが、Article 8および9の金融商品について環境影響の最低要件を定めていないことや、「持続可能な投資」の概念を十分に定義していないことにより、「投資家が表明する合理的な期待と実務の実態との間にギャップが生じており」「グリーンウォッシュ」を助長していると主張している。

これらの問題に対処するため、AMFの新しい提案には、8条および9条商品の最低環境基準(9条はより厳しい)を設定し、その遵守は国の監督に委ねること、9条ファンドのポートフォリオ資産のうちEUタクソノミに沿った最小割合(時間とともに増加すべき)を概説し、8条および9条ファンドを運用する金融市場参加者が投資プロセスにおいて拘束力があり受容可能なESGアプローチを採用することを義務付けること、が含まれている。

また、AMFの提案では、9条ファンドはEUタクソノミに沿わない化石燃料活動への投資を排除するよう求め、8条ファンドにはこれらの投資に対する厳しい条件を設けるとしている。

提案に加え、ポジションペーパーには、8条と9条の商品提供者に求められるエンゲージメントポリシー、投資決定による原則的悪影響(PAI)の報告、”移行資産 “で構成することができる資産の割合など、政策立案者への検討事項の提案も含まれている。

【参考ページ】
(原文)French regulator AMF calls for tougher ESG fund standards
(日本語参考訳)フランスの規制当局AMFがESGファンドの基準を厳しくするよう要請

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る