Closed Loop Partners、約970億円の支援を受け米国でリサイクル事業を立ち上げ

Closed Loop Partners、約970億円の支援を受け米国でリサイクル事業を立ち上げ

11月16日、循環型経済への投資家であるClosed Loop Partners(CLP)は、リサイクルと再利用のインフラを開発・運営するCircular Servicesの立ち上げを発表した。同社は米国内で年間100万トン以上のリサイクル能力を有しているという。

CLPが過半数を所有する本プラットフォームは、世界的なオルタナティブ資産投資家であるBrookfield Asset Managementから7億ドル(約970億円)の支援を受けている〔うち2億ドル(約280億円)は初期投資、5億ドル(約690億円)は成長機会のためのコミットメント〕。また、ニューヨーク市のパートナーシップファンドも投資家として参加している。

CLPによると、廃棄物ゼロエミッションが北米の都市で最優先課題となり、リサイクルとリユースサービスの拡大が自治体や企業の埋立コストの削減と排出量削減目標の達成につながることから、新しいプラットフォームが立ち上げられた。

Circular Servicesは、北米最大の民間リサイクル企業として、全米で自治体のリサイクル施設を所有・運営し、ニューヨーク、ニュージャージー、ペンシルバニア、アーカンソー、フロリダ、テキサス、アリゾナなどの州で、紙・金属・ガラス・プラスチック・有機物・繊維・電子機器のリサイクルと再利用に関する自治体と企業の主要契約を行っている。同社は12の施設を所有・運営し、いくつかの自治体や企業との長期契約を結んでおり、成長機会のパイプラインを有している。

Brookfieldのコミットメントは、Brookfield Global Transition Fund(BGTF)による循環型経済に特化した最初の投資となる。昨年設立された同ファンドは150億ドル(約2.9兆円)を調達し、ネット・ゼロ・カーボン経済への世界的移行を促進するためのプライベート・エクイティ・ファンドとしてはこれまでで最大のものとなっている。

【参照ページ】
(原文)Closed Loop Partners and Brookfield Partner to Launch Circular Services, the Leading Developer of Circular Economy Infrastructure in the United States
(日本語訳)Closed Loop Partners、約970億円の支援を受け米国でリサイクル事業を立ち上げ

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る