Closed Loop Partners、約970億円の支援を受け米国でリサイクル事業を立ち上げ

Closed Loop Partners、約970億円の支援を受け米国でリサイクル事業を立ち上げ

11月16日、循環型経済への投資家であるClosed Loop Partners(CLP)は、リサイクルと再利用のインフラを開発・運営するCircular Servicesの立ち上げを発表した。同社は米国内で年間100万トン以上のリサイクル能力を有しているという。

CLPが過半数を所有する本プラットフォームは、世界的なオルタナティブ資産投資家であるBrookfield Asset Managementから7億ドル(約970億円)の支援を受けている〔うち2億ドル(約280億円)は初期投資、5億ドル(約690億円)は成長機会のためのコミットメント〕。また、ニューヨーク市のパートナーシップファンドも投資家として参加している。

CLPによると、廃棄物ゼロエミッションが北米の都市で最優先課題となり、リサイクルとリユースサービスの拡大が自治体や企業の埋立コストの削減と排出量削減目標の達成につながることから、新しいプラットフォームが立ち上げられた。

Circular Servicesは、北米最大の民間リサイクル企業として、全米で自治体のリサイクル施設を所有・運営し、ニューヨーク、ニュージャージー、ペンシルバニア、アーカンソー、フロリダ、テキサス、アリゾナなどの州で、紙・金属・ガラス・プラスチック・有機物・繊維・電子機器のリサイクルと再利用に関する自治体と企業の主要契約を行っている。同社は12の施設を所有・運営し、いくつかの自治体や企業との長期契約を結んでおり、成長機会のパイプラインを有している。

Brookfieldのコミットメントは、Brookfield Global Transition Fund(BGTF)による循環型経済に特化した最初の投資となる。昨年設立された同ファンドは150億ドル(約2.9兆円)を調達し、ネット・ゼロ・カーボン経済への世界的移行を促進するためのプライベート・エクイティ・ファンドとしてはこれまでで最大のものとなっている。

【参照ページ】
(原文)Closed Loop Partners and Brookfield Partner to Launch Circular Services, the Leading Developer of Circular Economy Infrastructure in the United States
(日本語訳)Closed Loop Partners、約970億円の支援を受け米国でリサイクル事業を立ち上げ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る