イオン、国内初となる「新GGNラベル」付き農産品の展開を開始

イオン、国内初となる「新GGNラベル」付き農産品の展開を開始

4月26日、イオンは、責任ある農業を可視化するクロスカテゴリの認証である「新GGNラベル」付きの商品の展開開始を発表した。

イオンは、2018年にアジアで初めて、GOOD(適正な)、AGRICULTURAL(農業の)、PRACTICES(実践)を証明する国際基準の仕組み「GLOBALG.A.P.(グローバルギャップ)認証」を取得した農場でつくられた農産物であることを示す「GLOBALG.A.P.Number ラベル」(GGNラベル)付きの商品の展開を開始した。

これまでのGGNラベルは、食品安全、労働環境、環境保全に配慮した持続的な生産活動を実践するグローバルギャップ認証を取得していることが要件であったが、2021年に立ち上がった新しいGGNラベルは、グローバルギャップ認証を取得した農場で作られていることに加えて、労働者福祉(GRASP=GLOBALG.A.P. Risk Assessment on Social Practice)と、サプライチェーンの透明性(CoC=Chain of Custody)についても、責任ある条件下で生産する農場であると第三者機関によって証明されていることが要件として求められている。

今般、イオン直営農場の運営および農産物の生産委託に取り組むイオンアグリ創造株式会社が、2022年度の審査においてGRASPでフルスコア(満点)を獲得し、イオンが日本国内で初めて新GGNラベルを付けた商品の展開を開始することになった。これまでのGGNラベル同様、認証番号を入力することで、世界のどこで、誰がつくったものかを知ることができる。

イオンは、今後も自然資源のサステナビリティと事業活動の継続的発展の両立を目指し、自然・生態系・社会と調和のとれた持続可能な農産物の調達に努めると述べる。

【参照ページ】
イオンが国内初となる「新GGNラベル」付き農産品の展開を開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る