EU、エネルギーおよび産業の脱炭素化に4,300億円超の投資を約束

EU、エネルギーおよび産業の脱炭素化に4,300億円超の投資を約束

11月3日、欧州委員会は、エネルギーおよび産業の脱炭素化を支援し、ロシアの化石燃料からのエネルギー自立を目的としたクリーンテック・プロジェクトに30億ユーロ(約4,300億円)を投資すると発表した。

本発表は、革新的な低炭素技術の実証を目的とした世界最大級の資金提供プログラム「EUイノベーションファンド」の下で、欧州委員会が3回目に行った募集を受けたもの。今回の公募は、EU排出権取引制度における排出枠オークションによる収入の増加により、先の2回〔18億ユーロ(2,600億円)、11億ユーロ(1,500億円)〕よりも大幅に規模が拡大した。

新しい投資の配分分野は、再生可能エネルギー、エネルギー貯蔵、CCUS、低炭素輸送燃料などの炭素集約型製品の代替プロジェクトのような「一般的な脱炭素化」に10億ユーロ(1,400億円)、産業における化石燃料使用に代わる電化方法と水素製造・普及に10億ユーロ、クリーンテクノロジー製造に7億ユーロ(1,000億円)、破壊的・画期的脱炭素技術に関する高度な革新的プロジェクトに3億ユーロ(430億円)があてられる。

プロジェクトは、技術革新のレベル、温室効果ガス排出を回避する可能性、運用、財務、技術の成熟度、スケールアップの可能性、コスト効率などに基づいて評価される予定だ。

【参照ページ】
€3 billion call under the EU Innovation Fund

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る