booost technologies、IFRS Sustainability Allianceに加盟

 

10月20日、CO2等排出量の自動算出による可視化・管理・報告が可能なカーボンマネジメントクラウド『ENERGY X GREEN』を展開するClimate Techカンパニーbooost technologies株式会社は、日本のスタートアップ企業として初めてIFRS Sustainability Allianceに加盟した。

IFRS Sustainability Allianceは、IFRS(International Financial Reporting Standards:国際財務報告基準)のサステナビリティ基準、統合報告、統合的思考の発展に関心のある組織のメンバーシッププログラムである。メンバーは学習の機会、ツールやリソース、バーチャルおよび対面形式のイベント、IFRS財団スタッフや同業者との関わりを通じたアップデートを通じて、変化するサステナビリティ開示の状況を常に把握することができる。

同社は、各業界の脱炭素を推進するNET-ZEROリーダーへの脱炭素化支援を行っており、カーボンマネジメントクラウド『ENERGY X GREEN』は、GHGプロトコルや国内の各種制度・ガイドラインに合わせた各社のSCOPE1-3の目標管理・算定、サプライチェーンを通じた製品単位のGHG排出量算定、および各種イニシアティブへの報告や非化石証書購入等の脱炭素の取り組み等を実現する。

また、CDP(一般社団法人 CDP Worldwide-Japan)の2022年気候変動質問書の認定スコアリングパートナーや、Green x Digitalコンソーシアムの2022年度運営委員に選定されるなど、RE100やSBT、CDP、TCFD等の気候変動関連の国内外の枠組みにおいて積極的に活動をしている。

同社は、各業界のNET-ZEROリーダー、サステナビリティリーダーのTechnologyパートナーとして、No.1の脱炭素化、サステナビリティプラットフォームの構築を目指していくという。

【参照ページ】
booost technologies、IFRS Sustainability Allianceに加盟

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る