Watershed、企業向け気候変動報告ソフトを販売開始

Watershed、企業向け気候変動報告ソフトを販売開始

6月7日、気候ソリューションソフトウェアプロバイダーのWatershedは、企業が気候への影響を報告し、規制上の気候開示要件を評価・満たすことを目的とした新しいソフトウェア製品「Watershed Disclosures」の発売を発表した。

2019年に設立されたWatershedは、企業の気候プログラムの計画、実施、運営を支援するソフトウェアプラットフォームを提供している。同社は、企業がスコープ1、2、3の排出量を分析・測定できるソリューションや、スコープ、カテゴリー、ベンダー、ロケーションなどのカテゴリーごとにドリルダウンできるダッシュボードを含み、業界の同業他社とベンチマークしている。

Watershedによると、新製品は、企業がコンプライアンス、法務、財務の各チームのニーズを満たす報告書を作成することへの対処を目的としている。現在、企業の気候変動情報開示が業界全体でテーブルステークスとなっている一方で、気候変動データは部門やフォーマットによって断片化されたままになっている。

新商品の主な特徴としては、「法規制チェック」によって、どのような開示が適用されるかを理解し、推奨される開示スケジュールや要件とともに、CDPやTCFDなどの自主報告フレームワークに対する推奨も提供することが挙げられる。

また、本ツールでは、Watershedに組み込まれた気候変動インテリジェンスを利用して、ガイド付きワークフローによるレポートの作成、現在の排出量測定、目標、削減計画からのデータの自動取り込み、開示例や同業他社の公開された回答の閲覧を行い、自社の開示のための回答作成に役立てられる。

本製品には独自のリスクと機会のライブラリーが含まれており、一部の開示フレームワークが要求する、企業のビジネスにおける気候変動リスクと機会について理解し報告するのに役立つ。

【参照ページ】
Watershed Launches New Software to Streamline Corporate Climate Reporting

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る