Keurig Dr Pepper、水不足に悩む流域でのネット・プラスにコミット

3月22日 、Keurig Dr Pepperは国連が支援するウォーター・レジリエンス連合に参加し、2050年までに、水ストレスのある流域でネット・ウォーター・プラスの達成を約束すると発表した。

国連グローバル・コンパクトの取り組みとして2020年に発足したウォーター・レジリエンス連合(WRC)は、水ストレスのある流域での淡水資源を保全することを目的とした、業界・CEO主導の連合体である。

WRCに参加する企業は、以下のような一連の2050年の公約の達成を誓約している。
①自らの事業に投資し、水ストレスのある流域でネット・プラスの影響を与える。
②グローバルなバリューチェーン全体でインパクトベースの水の回復力の実践を支援する戦略を策定・実施する。
③公共および企業への働きかけを通じて水の回復力に関する志を高める。

Keurig Dr Pepperは、水に関する既存の目標に基づいた取り組みを行っている。2030年までに最も水リスクの高い事業地域の飲料水の100%を補給し、2025年までに事業における水の使用効率を20%改善し、2030年までに25万エーカー(約1000km2)の土地でリジェネラティブ農業と保護の支援を目標にしている。

【参照ページ】
(原文)Keurig Dr Pepper Announces New Aspiration for Net Positive Water Impact by 2050
(日本語訳)キューリグ・ドクター・ペッパーが2050年までに水へのネット・プラスの影響に対する新たな願望を発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る