Keurig Dr Pepper、水不足に悩む流域でのネット・プラスにコミット

3月22日 、Keurig Dr Pepperは国連が支援するウォーター・レジリエンス連合に参加し、2050年までに、水ストレスのある流域でネット・ウォーター・プラスの達成を約束すると発表した。

国連グローバル・コンパクトの取り組みとして2020年に発足したウォーター・レジリエンス連合(WRC)は、水ストレスのある流域での淡水資源を保全することを目的とした、業界・CEO主導の連合体である。

WRCに参加する企業は、以下のような一連の2050年の公約の達成を誓約している。
①自らの事業に投資し、水ストレスのある流域でネット・プラスの影響を与える。
②グローバルなバリューチェーン全体でインパクトベースの水の回復力の実践を支援する戦略を策定・実施する。
③公共および企業への働きかけを通じて水の回復力に関する志を高める。

Keurig Dr Pepperは、水に関する既存の目標に基づいた取り組みを行っている。2030年までに最も水リスクの高い事業地域の飲料水の100%を補給し、2025年までに事業における水の使用効率を20%改善し、2030年までに25万エーカー(約1000km2)の土地でリジェネラティブ農業と保護の支援を目標にしている。

【参照ページ】
(原文)Keurig Dr Pepper Announces New Aspiration for Net Positive Water Impact by 2050
(日本語訳)キューリグ・ドクター・ペッパーが2050年までに水へのネット・プラスの影響に対する新たな願望を発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. EU、グリーンディール産業計画を開始

    2023-2-6

    EU、グリーンディール産業計画を開始

    2月1日、欧州委員会は欧州のネット・ゼロ産業の競争力を強化し、EUの気候ニュートラルへの移行支援を…
  2. UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    2023-2-6

    UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    1月31日、欧州の商業銀行UniCreditは、石油・ガス、発電、自動車など、炭素集約型の一連のセ…
  3. アル・ゴアの気候変動基金、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2023-2-6

    Just Climate、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2月1日、気候ソリューションに特化した投資事業であるJust Climateは、鉄鋼セクターの脱炭…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る