水素モビリティの新興企業HysetCoが約328億円以上を調達

水素モビリティの新興企業HysetCoが約328億円以上を調達

4月10日、水素モビリティの新興企業HysetCoは、水素に特化した投資家Hy24が主導する新たな資金調達ラウンドで約2億ユーロ(約328億円)を調達したと発表した。この資金調達による収益は、都市交通の脱炭素化を目指す同社のソリューションに使用される。

2015年に設立されたフランスを拠点とするHysetCoは、水素充填ステーションの開発、水素自動車の総合レンタル、車両管理など、水素モビリティをサポートするソリューションを提供している。同社はフリート顧客に対し、燃料補給ステーションだけでなく、調達からメンテナンス、修理、保険、トレーニングに至るまで、車両使用に関連するすべてのサービスを包括するターンキー・ソリューションを提供している。ハイセトコは、2025年までに新たに12カ所のステーションを展開することを目指している。

この新興企業は、過去3年間で水素モビリティの年間成長率100%を達成し、500人以上の専門家(主にタクシー運転手)を自社のソリューションに転換させることに成功した。毎月30トン近くの水素を供給し、すでに次のような実績を上げている。

2,000万キロメートルに相当するドライバーの排出ガス削減に貢献している。

今回の資金調達により、Hy24は既存の株主であるエア・リキード、トタルエナジー、トヨタ・フランス、Kourosに加え、ハイセットコの大株主となった。今回の投資は、Hy24の20億ユーロ(約3,282億円)のクリーン水素インフラファンドを通じて行われた。 この資金調達ラウンドには、RAISE ImpactとEiffel Investment Groupも参加している。

【参照ページ】
(原文)HysetCo raises almost €200 million to accelerate the deployment of its integrated hydrogen mobility solutions
(日本語参考訳)HysetCo社、統合型水素モビリティ・ソリューションの展開加速に向け約2億ユーロを調達

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る