Sphera、サプライチェーン・サステナビリティ・ソフトウェア企業のSupplyShiftを買収

Sphera、サプライチェーン・サステナビリティ・ソフトウェア企業のSupplyShiftを買収

1月9日、Blackstoneが支援するESGパフォーマンスおよびリスク管理ソフトウェア、データ、サービスプロバイダーのSpheraは、サプライチェーン・サステナビリティ・ソフトウェア企業のSupplyShiftを買収したことを発表した。

カリフォルニア州サンタクルーズを拠点とするSupplyShiftは、クラウドベースのエンドツーエンドのサプライチェーンデータ管理、責任ある調達、サプライヤーとのエンゲージメントプラットフォームを提供している。

SupplyShiftのサプライチェーンネットワークは10万以上のサプライヤーを網羅し、バイヤーとサプライヤーが情報を共有することで、リスクを管理し、サプライヤーの規制遵守を促進するプラットフォームとなっている。

今回の買収は、サプライチェーンのサステナビリティ能力を強化するためのSpheraによる最新の動きであり、2022年のサプライチェーンリスク管理(SCRM)ソフトウェア会社riskmethodsの買収に続くものである。今回の買収は、EUのCSRDやIFRSのISSB基準を含む新たなサステナビリティ報告基準がスコープ3の開示を義務付けていることから、企業がサプライチェーンのサステナビリティ指標、特にスコープ3の排出量について報告するよう、世界的に規制当局からの圧力が高まる中で行われた。

2016年に設立されたSpheraは、SaaS ソフトウェア、独自データ、コンサルティング・サービスを提供し、世界中の組織が環境、健康、安全性、サステナビリティ、オペレーショナル・リスク管理、プロダクト・スチュワードシップの各分野における ESG リスクを把握、管理、軽減できるよう支援している。同社は2021年、オルタナティブ投資マネジャーのBlackstoneに買収され、Spheraの評価額は14億ドル(約2,000億円)となった。

【参照ページ】
(原文)Sphera Acquires SupplyShift, a Pioneer in Supply Chain Sustainability Software
(日本語参考訳)Sphera、サプライチェーン・サステナビリティ・ソフトウェア企業のSupplyShiftを買収

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る