Whirlpool、米国工場に敷地内風力発電と太陽光発電を導入

ワールプール、米国工場に敷地内風力発電と太陽光発電を導入

1月9日、家電メーカーのWhirlpoolは、オハイオ州にある洗濯機と食器洗い機の工場2カ所に風力発電と太陽光発電を設置する契約をOne Energyと締結した。

Whirlpoolによると、新しい設備は同社の2030年のネット・ゼロ目標をサポートする。同社は2021年に2030年のコミットメントを発表し、世界中の30以上の製造拠点と配送センターで、直接(スコープ1)および電力関連(スコープ2)のすべての排出量をネット・ゼロにすることを約束した。

目標を達成するためにWhirlpoolが示した取り組みには、風力発電やソーラーパネルの設置、風力発電やソーラーファームに資金を提供する電力購入契約、同社の工場や施設におけるエネルギー効率化プログラム、回避できない残りの排出量のオフセットなどを通じて、再生可能エネルギーの100%利用を目指すことが含まれている。

同社は現在、オハイオ州のフィンドレー、マリオン、グリーンビル、オタワの4工場に9基の風力タービンを設置している。これらの風力タービンを合わせると、これらの工場で必要な電力の22%を賄っている。今回新たに設置されるのは、フィンドレー工場に設置される3基の風力タービンと、オハイオ州クライド工場に設置される3基の風力タービン、そして各工場に設置される1基の地上太陽光発電設備である。

これらのプロジェクトが完了すれば、クライド工場とフィンドレー工場は、エネルギー需要の少なくとも70%を敷地内の再生可能エネルギーで賄うことになる。太陽光発電と風力発電プロジェクトは、2025年初頭までに稼動する予定である。

【参照ページ】
(原文)Whirlpool Corporation to Install Onsite Renewable Energy at Washing Machine and Dishwasher Plants in Ohio
(日本語参考訳)Whirlpool、米国工場に敷地内風力発電と太陽光発電を導入

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る