ボルボ、2030年までに1台あたり75%の排出量削減を目指す

 

11月30日、ボルボ・カーズは、気候変動関連の新たなコミットメントを発表し、2018年を基準として、2030年までに自動車1台あたりのCO2排出量を75%削減するという新たな目標を明らかにした。

同社はまた、First Movers Coalition(FMC)に参加し、その購買力をクリーン技術に活用し、ゼロエミッションのアルミニウムへのシフトを支援することを発表した。COP26気候変動枠組条約締約国会議(COP26)で発足したFMCは、ニア・ゼロ・カーボン・スチール、アルミニウム、海運、トラック輸送、航空、先進的な二酸化炭素除去ソリューションなど、クリーン技術の拡大と商業化を可能にする強力な市場シグナルを発信する先進的な購買コミットメントを通じて、排出削減が困難な分野に対処するクリーン技術の早期市場創造に取り組む企業連合である。

ボルボの新たなコミットメントは、2040年までに気候変動に対する中立性を達成すること、2018年から2025年の間に自動車1台あたりのCO2排出量を40%削減することなどを含む、同社の既存の気候変動目標に基づいている。同社は、現在までに2018年比で自動車1台あたりのCO2排出量を19%削減していると述べている。

ボルボ・カーズはまた、2030年までにグローバル・ポートフォリオ全体で完全なEVのみを販売することを約束した。2023年第1~3四半期までに、完全EVは同社の販売台数の16%を占めた。ボルボは、来年早々には最後のディーゼルエンジン車を生産し、新たな内燃機関への研究開発投資を停止すると付け加えた。

ボルボは、スウェーデンの鉄鋼メーカーであるSSABと協力し、2026年までに自動車産業用のゼロエミッションに近い高品質鋼板を開発し、同社のゼロエミッション鋼板を自動車プログラムのひとつに使用する予定であること、最近、世界の各工場で100%気候変動に影響を与えない電力を確保したこと、大陸間海上貨物の86%を化石燃料からバイオ燃料に切り替えたことなど、気候変動目標を達成するために進めているいくつかの重要な取り組みを紹介した。

【参照ページ】
(原文)Volvo Cars doubles down on climate action – aims to cut CO2 emissions per car by 75 per cent by 2030 and plans to utilise near-zero emission aluminum and steel
(日本語参考訳)ボルボ、2030年までに1台あたり75%の排出量削減を目指す

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る