KKR、太陽光発電プロジェクトの組成・開発・運営を行うプラットフォームを開設

KKR、太陽光発電プロジェクトの組成・開発・運営を行うプラットフォームを開設

世界的なオルタナティブ・アセット/プライベート・エクイティ投資家であるKKRは、アセット・ベースド・ファイナンス(ABF)戦略に基づいて、ユーティリティスケールの太陽光発電所や蓄電施設など、長期にわたって高利回りの太陽光エネルギー投資を行うことを目的とした新しいプラットフォーム「ステラ リニューアブル パワー」を設立した。

KKRによると、この新プラットフォームは、グリーンフィールド開発や他のデベロッパーからの初期段階の資産の買収を通じて機会を発掘し、プロジェクトの開発、規模拡大、運営を行う。新プラットフォームの活動資金は、KKRが管理する独立した保険口座から調達する予定だ。

Stellar社を率いるのは、ソフトバンクグループの再生可能エネルギーに特化したプラットフォームであるSB Energy社でCFOを務めていたVijay Venkatachalam氏だ。ヴェンカタチャラムは、今後数ヶ月間で、ステラの太陽エネルギーの専門家チームを強化していく。

KKRは、ここ数年、再生可能エネルギー分野への投資を積極的に行った。過去10年間で、KKRは再生可能エネルギー資産への投資を200億ドル近く実施しており、その発電容量は12.5GWに達している。ABF側では、KKRは2016年以降、49件の投資で50億ドル以上を展開している。

【参照ページ】
(原文)KKR LAUNCHES STELLAR RENEWABLE POWER
(日本語訳)KKR、実用規模の太陽光発電プロジェクトの組成・開発・運営を行うプラットフォームを開設

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る