WM、再生可能天然ガス生産拡大のため1,100億円超を投資

WM社、再生可能天然ガス生産拡大のため約1100億円超を投資

4月28日、廃棄物処理と環境サービスを提供するWMは、再生可能天然ガス(RNG)の生産量を6倍に増やすなど、再生可能エネルギーの導入量の大幅な増加を目的に、今後4年間で8億2,500万ドル(約1,100億円)を投資する計画を発表した。

WMは、米国とカナダの顧客に回収、リサイクル、廃棄サービスを提供している。同社は埋立地ガスの有益な再利用におけるリーダーであり、埋立地から事業で使用する電力の5倍もの再生可能電力を作り出している。同社は、北米で最も多くの埋立地ガス発電所を運営しており、再生可能な天然ガス発電所のネットワークも拡大中である。

WMは新たな投資計画により、2026年までに北米全域で17の新規プロジェクトを立ち上げ、RNGネットワークの拡大を目指している。新規投資によるRNG生産量の増加により、2026年までに約130万トンのCO2温室効果ガス排出量を削減する見込みで、2026年までに天然ガス燃料の全量をRNGで賄うことに貢献する。

同社は、オクラホマ州オクラホマシティとアーカンソー州スプリングデールのRNGプラントが今年中に稼動する見込みである。

【参照ページ】
(原文)WM’s Renewable Energy Investments Expected To Power Over 1 Million Homes By 2026
(日本語訳)WM社の再生可能エネルギー投資により、2026年までに100万戸以上の住宅に電力を供給する見込み

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る