WM、再生可能天然ガス生産拡大のため1,100億円超を投資

WM社、再生可能天然ガス生産拡大のため約1100億円超を投資

4月28日、廃棄物処理と環境サービスを提供するWMは、再生可能天然ガス(RNG)の生産量を6倍に増やすなど、再生可能エネルギーの導入量の大幅な増加を目的に、今後4年間で8億2,500万ドル(約1,100億円)を投資する計画を発表した。

WMは、米国とカナダの顧客に回収、リサイクル、廃棄サービスを提供している。同社は埋立地ガスの有益な再利用におけるリーダーであり、埋立地から事業で使用する電力の5倍もの再生可能電力を作り出している。同社は、北米で最も多くの埋立地ガス発電所を運営しており、再生可能な天然ガス発電所のネットワークも拡大中である。

WMは新たな投資計画により、2026年までに北米全域で17の新規プロジェクトを立ち上げ、RNGネットワークの拡大を目指している。新規投資によるRNG生産量の増加により、2026年までに約130万トンのCO2温室効果ガス排出量を削減する見込みで、2026年までに天然ガス燃料の全量をRNGで賄うことに貢献する。

同社は、オクラホマ州オクラホマシティとアーカンソー州スプリングデールのRNGプラントが今年中に稼動する見込みである。

【参照ページ】
(原文)WM’s Renewable Energy Investments Expected To Power Over 1 Million Homes By 2026
(日本語訳)WM社の再生可能エネルギー投資により、2026年までに100万戸以上の住宅に電力を供給する見込み

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る