Climate Action 100+、気候変動対策をめぐり、建築資材大手CRH監査役の解任を求めるエンゲージメントを実施

気候変動対策をめぐり、建築資材大手CRH監査役の解任を求める投資家キャンペーン実施

4月11日、気候変動に焦点を当てた投資家イニシアティブ『Climate Action 100+』は、世界最大級の建材会社であるCRHの 気候リスクおよび移行計画の可視性が不十分であるとして、 同社の監査委員長および監査役を解任するキャンペーンを株主決議リストに追加した。

『Climate Action 100+』 のメンバーであるグローバル投資マネージャーSarasin & Partnersは、今月末のCRHの年次総会に先立ち、同社の財務諸表の承認、監査委員長の再任、デロイトの監査役の継続に反対する3つの監査決議への投票をあらかじめ宣言している。

『Climate Action 100+』 は、65兆ドル以上の資産を持つ615以上の投資家が参加するイニシアチブである。 世界最大の温室効果ガス排出企業を対象に、 世界の平均気温上昇を1.5℃に抑えるために、事業戦略とネット・ゼロの整合を促進する。

【参照ページ】
(原文)CLIMATE ACTION 100+ FLAGS FIRST-EVER NET ZERO ACCOUNTING-RELATED RESOLUTIONS AT FTSE 100, CRH, AHEAD OF AGM
(日本語訳)気候変動対策をめぐり、建築資材大手CRH監査役の解任を求める投資家キャンペーン実施

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る