エネルギー供給会社Ørsted、洋上風力発電用のグリーン燃料船を受注

エネルギー供給会社Ørsted、洋上風力発電用のグリーン燃料船を受注

4月8日、エネルギー供給会社Ørstedとエネルギーサービス・サポート会社であるESVAGTは、海上部門と洋上風力発電産業の脱炭素化を目指し、世界初となる洋上風力発電事業用グリーン燃料船への投資について新たに合意した。

新しいサービスオペレーション船(SOV)は、バッテリーとデュアルフューエルエンジンを搭載し、風力エネルギーと生物起源炭素から生成される再生可能なeメタノールで航行する。両社によると、本船は年間4,500トンのCO2排出を削減できる。

ESVAGTは、2022年第2四半期にSOVの建造を開始し、2024年末に試運転を行う予定だ。本船は、Ørsted社が開発中の世界最大の洋上風力発電所であるHornsea 2に投入する。

Ørstedは昨年、2030年までに再生可能エネルギー容量を12GWから50GWに拡大する計画、および2020年から2027年にかけてグリーンエネルギーに570億ドルを投資する計画を発表している。

【参照ページ】
(原文)Ørsted and ESVAGT sign agreement on the world’s first green fuel vessel for offshore wind operations
(日本語訳)エネルギー供給会社Ørsted、洋上風力発電用のグリーン燃料船を受注

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る