HCLTech、22万人の従業員全員にESGを教育するサステナビリティ・スクールを開設

HCLTech、22万人の従業員全員にESGを教育するサステナビリティ・スクールを開設

11月18日、ITサービスのグローバル企業であるHCLTechは、「HCLTech Sustainability School」の開設と、同社初の気候変動リテラシー学習シリーズの開始を発表した。同社によると、スクールは22万人以上の全社員に展開され、ESGについて全社員をスキルアップさせることが目標だという。

新シリーズは、気候変動の原因に対する政府、NGO、企業の取り組みに貢献する方法を従業員に教育するために、アクサ・クライメイトが開発したものである。同コースでは、生物多様性への脅威、天然資源の搾取、地理的地域ごとの生活への影響といったトピックから、参加者自身の二酸化炭素排出量を減らす方法を理解し、HCLTech社内や顧客とともに二酸化炭素排出量を削減する革新的な方法を検討するためのものまで、さまざまなトピックが取り上げられる予定である。

HCLTechは、この新しい気候シリーズが、世界中の従業員の中に「サステナビリティ・チャンピオン」を育てることを目的としていると述べている。

サステナビリティ、ESG、気候問題についてのサポートに対する企業の需要が高まる中、いくつかの専門サービス企業が従業員のスキルアップのための取り組みを発表している。デロイトは今年初め、気候変動や持続可能性の問題に関する社員のスキルや能力を高めることを目的とした新しい学習プログラムを開始し、PwCは「New Equation」戦略の一環として過去1年間に10万人の社員にESGトレーニングを提供したことを明らかにし、ベインはグローバルコンサルタント全員に大学院レベルのESGトレーニングを提供する大規模なアップスキル施策を開始した。

【参照ページ】
(原文)HCLTech Launches Learning Series To Transform Employees Into Sustainability Champions
(日本語訳)HCLTech、社員をサステナビリティ・チャンピオンにするためのラーニング・シリーズを開始

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る