コベストロ、世界初のバイオベース・アニリン製造プロセスを導入

2月13日、ドイツ化学大手コベストロは、重要な化学物質であるアニリンを、石油の代わりに植物バイオマスを原料として製造する独自のプロセスを初めて導入したと発表した。まずは、パイロット・プラントでバイオベースのアニリンを大量に生産し、新技術をさらに発展させて工業規模に移行する。従来の技術に比べ、本プロセスはアニリンのCO2排出量を大幅に改善する効果を持つ。

プラスチック産業では、アニリンは特にMDIの製造に使用される。建物のエネルギーを節約し、CO2排出量を削減する断熱発泡体に使用される場合が多い。

本プロセスでは、カスタマイズされた微生物が、植物から抽出された工業用糖を発酵によって中間生成物に変換する。従来のプロセスよりも温和で、環境適合性の高い条件下で行われる。第二段階では、中間生成物の化学触媒反応によって、100%植物由来の炭素を含むアニリンが生成される。

バイオベースのアニリンに関する研究は、ドイツ政府からも引き続き資金援助を受けている。ドイツ食糧農業省は、2022年3月に始まり2025年まで続く、コベストロとパートナーによるフォローアップ・プロジェクト(Bio4PURDemo)に資金を提供。
本プロジェクトには、RWTHアーヘンとCAT触媒センター、シュトゥットガルト大学、そして同大学の技術移転イニシアチブも参加している。

現在、世界中で約600万トンのアニリンが生産されており、その量は年平均で約3〜5%増加している。年間100万トン以上の生産能力を持つコベストロは、アニリン生産大手のひとつである。

【参照ページ】
World’s First Pilot Plant for Bio-Based Aniline

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る