Energy Impact Partners、クライメート・テック・ファンドに約677億円を調達

Energy Impact Partners、クライメート・テック・ファンドに約677億円を調達

11月15日、グローバルベンチャーキャピタルであるEnergy Impact Partners(EIP)は、気候変動技術に特化したEIP Deep Decarbonization Frontier Fundのコミットメントが4億8500万ドル(約677億円)に達し、同ファンドの当初の目標である3億5000万ドル(約490億円)を大幅に超過したことを発表した。

今年初めに立ち上げられた本ファンドは、ネット・ゼロへの移行を加速させることを目的とした、初期段階の革新的な技術を対象としており、初期の技術検証を終えたものの、規模的にはまだ完全に成熟していない企業を中心に、極めて大きな財務的見通しを有している。

EIPは設立に際して、深層炭化における最も困難な問題を解決するために、前例のない革新の波が到来し、ゼロ炭素エネルギー、製品、商品に対する需要がこれらの新技術の市場導入を加速させ、勝者の商業的成果を促進するという基本原則に基づいて、本ファンドを構築すると発表した。

現在までに、本ファンドは、エネルギー貯蔵会社のフォームエナジー、ゼロエミッション窒素肥料会社のニトリシティー、炭素捕捉プロバイダーのカーボンアメリカ、ゼロカーボンセメント会社のサブライムシステムズなど12社に投資してきた。

【参照ページ】
(参考記事)Energy Impact Partners’ Frontier Fund Closes Oversubscribed at $485 Million

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る