EnCap、蓄電池開発企業Jupiter PowerをBlackRockに売却

 

11月15日、エネルギーに特化したプライベートエクイティ企業であるEnCapは、公益事業規模のバッテリーエネルギー貯蔵システムJupiter PowerをBlackRock Alternativesに売却したことを発表した。

2017年に設立されたジュピター・パワーは、655MWhからなるテキサス州最大のバッテリー・ストレージ・フリートを運営しており、さらに340MWhの新規プロジェクトが建設中または建設間近となっている。同社の現在のプロジェクトパイプラインは、メイン州からカリフォルニア州まで11,000MW以上で構成されており、グリッドサポートと再生可能エネルギーに対するニーズの高まりに対応するよう設計されている。

エネルギー貯蔵ソリューションは、エネルギー転換のための重要な投資分野として浮上している。風力や太陽光などの再生可能エネルギーの多くは断続的に発電する性質があり、24時間体制でエネルギー需要を満たし、かつエネルギーを無駄にしない必要があるため、蓄電は急速に拡大するクリーンエネルギー移行において主要な構成要素の1つとなっている。

本取引は、BlackRockが最近買収したオーストラリアのバッテリー蓄電システムおよび再生可能エネルギー開発企業であるAkaysha Energyに続くものです。BlackRockは、6月にエネルギー転換とエネルギー安全保障というメガトレンドのテーマで長期的な投資機会を追求する新しい「永久インフラ戦略」を発表するなど、最近積極的に気候変動インフラ機能の拡充を図っている。

【参照ページ】
(参考記事)EnCap Investments Sells Jupiter Power to BlackRock

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る