メルセデス・ベンツ、2030年までにCO2排出量を半減するESG施策を発表

メルセデス・ベンツ、2030年までにCO2排出量を半減するESG計画を発表

4月11日、メルセデス・ベンツは、2030年までに乗用車1台あたりのCO2排出量を50%以上削減する計画や、グリーンファイナンスおよびサステナビリティに関連するファイナンスの利用を拡大する計画など、新たなESG施策を発表した。

同社は新計画を、投資家およびアナリスト向けのデジタルESGカンファレンスで発表した。車両の電動化、グリーンエネルギーによる充電、バッテリー技術の向上、生産におけるリサイクル素材や再生可能エネルギーの利用など、気候変動に関する目標達成に向けて進めている主要なレバーやイニシアチブについても説明した。

同社の戦略には、2030年までに400億ユーロ以上の投資計画が含まれており、研究開発、バッテリー容量、充電ネットワーク、生産などにわたる主要分野で支出を行う。

【参照ページ】
(原文)Mercedes-Benz Cars aims to slash CO2 emissions by more than 50 percent by end of this decade

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る