Divert、Enbridgeと約1,400億円の契約を締結し、廃棄物食品からクリーンなエネルギーへの構築を支援することを発表

3月1日、食品廃棄物に特化したインパクトテクノロジー企業であるDivertは、北米全域の再生可能天然ガス(RNG)施設への廃棄食品の開発を支援することを目的として、エネルギーインフラ企業Enbridgeと10億ドル(約1,400億円)のインフラ開発契約を締結したと発表した。

開発契約と同時に、Divertは、Enbridgeからの8,000万ドル(約1,086億円)、2021年にDivertを買収したAra Partnersが主導する2,000万ドル(約27億円)を含む1億ドル(約135億円)の成長株を調達したことも発表した。

2007年に設立されたDivertは、食品の鮮度を最大限に高めるソリューションや、食べられる食品を回収して困っている地域社会に貢献するソリューション、廃棄食品を再生可能エネルギーに変換するソリューションなど、廃棄食品をなくすための先進技術や持続可能なインフラを創造している。

Divertによると、廃棄食品は世界の温室効果ガス排出量の10%に相当し、米国では年間1億トン以上の廃棄食品が発生しているとのことだ。

同社によると、今回の契約により、廃棄食品をクリーンな再生可能エネルギーに持続的に変換する嫌気性消化施設の拡大が加速し、今後8年間で米国の人口の80%から100マイル以内に施設があるよう規模を拡大する計画だ。Divertは、カナダでも廃棄食品をRNGに変換する施設を新たに検討していると述べている。

RNG(バイオメタン)は、農業廃棄物、産業廃棄物、家庭廃棄物などの有機廃棄物から製造され、化石由来の天然ガスと化学的に同じであるため、既存の送配電インフラを交換することなく、道路輸送や重工業などの脱炭素化を支援することができる。

Divertは、この拡張により、最大で年間40万トン近い二酸化炭素を相殺できる可能性があると述べている。

【参照ページ】
(原文)Divert Inc. Announces $1B Infrastructure Deal with Enbridge Inc. to Tackle Food Waste and Combat Climate Change
(日本語参考訳)Divert Inc. 食品廃棄物の処理と気候変動対策に向け、エンブリッジ社と10億ドルのインフラ契約締結を発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る