DHL、約8,000億円のSAF契約により7万トンの二酸化炭素排出を回避

DHL、約8,000億円のSAF契約により7万トンの二酸化炭素排出を回避

ロジスティクス大手の独DHLグループは、再生可能な燃料を提供するNeste社との間で、2022年半ばまでに約8,000億円以上の持続可能な航空燃料を購入する新たな契約を締結したことを発表した。この契約に基づき、Neste社はDHLのエクスプレス部門に、英国イーストミッドランズ空港のハブ空港でSAFを供給する。

DHLによると、今回の契約により、約70,000トンのCO2排出量を削減することが可能となり、

DHLは英国から欧州約165便、大陸間約35便で毎週1,500トンの航空貨物をより持続可能な方法で輸送することができるようになる。

航空業界は、温室効果ガス(GHG)の重要な排出源として注目されており、世界の排出量の2~3%を占めている。航空機の効率化、持続可能な航空燃料(SAF)の開発、電気や水素を利用した低炭素またはゼロカーボン推進システムを搭載した航空機の開発など、航空機産業が気候変動に与える影響に対処するための取り組みが行われている。

今回の発表は、今年初めに発表されたDHLのサステナビリティロードマップに沿ったもので、より野心的な気候目標の導入や役員報酬とESG目標との連動など、脱炭素化と環境サステナビリティに関する一連の取り組みが含まれている。DHLの目標には、航空便および長距離便の燃料所要量の少なくとも30%を持続可能な燃料でカバーするという目標が含まれている。

【参照ページ】New deal with Neste underlines commitment to Sustainable Aviation: Deutsche Post DHL Group will save 70,000 tons of CO2

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る