ベイカー・ヒューズ社とエア・プロダクツ社が共同でクリーンな水素の開発を加速化

Clean Hydrogen Energy

エネルギー・テクノロジー企業であるベーカー・ヒューズ社と産業ガス企業であるエア・プロダクツ社は、製造コストを低減し、ゼロカーボン燃料としての水素の導入を加速するために、次世代の水素圧縮技術の開発を目的とした戦略的グローバル・コラボレーションを発表した。

水素は、クリーンなエネルギーキャリアおよび燃料として、またグリーンケミカル製造のためのCO2ニュートラルな原料として機能することから、クリーンなエネルギーの未来への移行のための重要な構成要素の一つと考えられている。しかし、宇宙で最も豊富な元素であるにもかかわらず、地球上には純粋な水素の鉱床がなく、他の物質から抽出しなければならず、他の物質から抽出する必要がある。

今回の提携により、ベーカー・ヒューズ社は、エアプロダクツ社がカナダに建設するネットゼロ水素エネルギー複合施設に先進的な水素圧縮技術とガスタービン技術を提供する。

【参照ページ】 

(原文)Baker Hughes, Air Products Collaborate to Accelerate Development of Clean Hydrogen

(日本語訳)ベイカー・ヒューズ社とエア・プロダクツ社が共同でクリーンな水素の開発を加速化

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る