Lloyd’sとMoody’s、保険引受および投資ポートフォリオ向け炭素会計ソリューションで提携

Lloyd’sとMoody’s、保険引受および投資ポートフォリオ向け炭素会計ソリューションで提携

9月14日、保険・再保険市場のLloyd’sとMoody’sは、温室効果ガス(GHG)排出量算定ソリューションの開発を目的とした新たな協業を開始し、保険代理店が保険引受や投資ポートフォリオの排出量を定量化し、新たな規制要件に対応できるようにすることを発表した。

Lloyd’sによると、この新しいソリューションは、保険会社が、SECR(Streamlined Energy and Carbon Reporting)などの現行の枠組みや、EUのCSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive)やISSB(International Sustainability Standards Board)など、今後施行される規制によるGHG排出量報告要件を満たすという課題に直面する中で開発された。

新たな協力関係の下、Lloyd’sとMoody’sは、温室効果ガスプロトコルの第15分類で定義されるスコープ3、すなわち投融資活動に関連する排出量を正確に評価することを目的としたソリューションを開発する。スコープ3の排出量は、データの入手可能性や企業の外部開示が限られていることから、通常、追跡が最も困難である。

本コラボレーションは、Lloyd’sの「ラボ・チャレンジ・プログラム」の一環として、12週間の概念実証から開始される。本プログラムは、保険業界の課題に取り組むために、新しい商品アイデアを実験し、商品開発を加速させるために設立された。

本ソリューションの排出量測定の出発点は、PCAF(Principles for Carbon Accounting Financials)の基準である。PCAFは昨年、保険・再保険会社が保険引受ポートフォリオに関連するGHG排出量を測定・開示できるようにすることを目的とした「保険関連排出量に関するグローバルGHG会計報告基準」を発表した。

【参照ページ】
(原文) Lloyd’s and Moody’s to develop an emissions accounting solution through the Lloyd’s Lab
(日本語参考訳) ロイズとムーディーズ、ロイズラボを通じて排出量会計ソリューションを開発

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る