バイデン政権、クリーンエネルギーの促進と雇用創出のため送電線に約1,950億円の投資を発表

バイデン大統領の「アメリカへの投資」アジェンダの重要な動きとして、米エネルギー省(DOE)は、6州にまたがる3本の送電線に最大13億ドル(約1,950億円)の投資を約束した。バイデノミクスの重要な要素であるこの画期的な投資は、約300万世帯の電力供給に相当する3.5ギガワット(GW)の送電網容量の追加を目指している。本取り組みにより、13,000人以上の直接・間接雇用が創出される見込み。

バイデン大統領の超党派インフラ法によって実現した資金提供プロジェクトは、政権の気候変動アジェンダを推進し、送電網の回復力を強化し、家庭や企業に低コストのクリーン電力を供給する上で極めて重要な役割を果たす。ジェニファー・M・グランホルム米エネルギー長官は、2035年までに100%クリーンな電力を供給するという目標を達成するためには、国の送電網容量を倍増させることが不可欠であると強調した。

十分な情報をもとに的確な送電網構築を確実にするため、DOEは最終的な全国送電網ニーズ調査を発表した。本調査は、送電網の増強が送電網とアメリカ地域社会の双方に利益をもたらす分野についての洞察を提供するものである。全国送電ニーズ調査の結果は以下の通りである。

  • 国内のほぼすべての地域で送電インフラの追加が急務である。
  • 地域間の送電を増やすことは、地域間で電力を移動させ、混雑を緩和するために極めて重要である。
  • ニーズは時間の経過とともに変化し、将来の送電網の需要を満たすために、地域間送電容量の大規模な導入が必要となる。

DOEのアプローチには、送電計画の強化、許認可プロセスの強化、配備を支援する金融ツールの提供が含まれる。これには、送電線新設に伴う財政的ハードルを克服することを目的とした25億ドル(約3,765億円)の回転基金である送電円滑化プログラムが含まれる。

送電円滑化プログラムの主なプロジェクトは以下の通り。

クロスタイ500kV送電線(ネバダ州、ユタ州)
214マイル、1500MWの送電線を提案。
ユタ州とネバダ州の既存の送電システムを接続。
送電容量を増やし、送電網の信頼性を向上させ、低コストの再生可能エネルギーへのアクセスを拡大する。
2025年第1四半期に着工予定。

サウスライン送電プロジェクト(アリゾナ州、ニューメキシコ州)
175マイル、748MWの送電線を提案。
ニューメキシコ州ヒダルゴ郡とアリゾナ州ピマ郡を結ぶ。
ニューメキシコ州南部の再生可能エネルギー開発を促進し、アリゾナ州の成長市場にクリーンエネルギーを供給。
2025年第1四半期着工予定。

ツイン・ステーツ・クリーン・エナジー・リンク(ニューハンプシャー州、バーモント州)
1,200MWの高圧直流(HVDC)双方向送電線を提案。
ニューイングランド送電網の容量を拡大し、回復力、信頼性、効率を向上させる。
カナダ・ケベック州のクリーンで安定したエネルギー供給へのアクセスを提供。
建設開始は2026年の第3四半期か第4四半期を予定。

DOEは、2024 年前半に送電円滑化プログラム第 2 ラウンドの資金を発表する予定である。本資金には、官民パートナーシップ、融資、容量契約が含まれる可能性がある。

【参照ページ】
(原文)Biden-Harris Administration Announces $1.3 Billion to Build Out Nation’s Electric Transmission and Releases New Study Identifying Critical Grid Needs
(日本語参考訳)バイデン=ハリス政権、全米の送電網整備に13億ドルを拠出すると発表、重要な送電網のニーズを特定する新たな調査結果を発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る