Air France-KLM、気候変動目標に連動した1400億円超の高利回りSLBを発行

Air France-KLM、気候変動目標に連動した1400億円超の高利回りSLBを発行

1月10日、Air France-KLMは、サステナビリティ・リンク・ボンド(SLB)の初回発行が完了し、高利回りの募集で10億ユーロ(約1,421億円)を調達したと発表した。

本社債は5億ユーロ(約710億円)の2つのトランシェで構成されており、3.3年満期、利率7.250%、5.3年満期、利率8.125%となっている。航空業界では初のユーロ建てのSLB発行である。

サステナビリティ・リンク・ボンドは、サステナブルファイナンスの中で最も急速に成長している分野の一つで、発行体の特定のサステナビリティ目標の達成度に連動した利払いなどの特性を備えている。グリーンボンドなどでは、調達した資金を特定のグリーンプロジェクトにしか充当できないのに対し、サステナビリティリンク債は調達資金を一般企業の目的に柔軟に使用できるため、企業の関心が急速に高まっている。

Moody’s Investors Serviceは、発行体のSLB目標の信頼性と堅牢性に対する市場の監視が強まったことや、本セクターが高利回り発行にさらされていることなどを要因として挙げている。

こうした要因にもかかわらず、Air France-KLMはこの募集に対する強い需要を報告し、オーダーブックは26億ユーロ(約3,695億円)に達し、募集規模の約2.6倍となった。

Air France-KLMは昨年、CO2排出量削減戦略を発表し、2030年までにスコープ1と3の温室効果ガス(GHG)排出量をRTK(Revenue tonne kilometre)あたり30%削減する目標を掲げている。同社によると、2022年末にScience Based Targets initiative(SBTi)が、2℃を十分に下回る目標に沿うものとして、その目標を承認した。

今回のSLBの条件では、社債のクーポンは2030年の目標に対する同社の進捗に連動し、特に2025年までにwell-to-wakeのスコープ1および3のジェットフュールのGHG排出量を2019年と比較して10%削減することの達成に結びつけられる。

同社は発行により、今後数年間の債務償還プロファイルを円滑化するとともに、航空機の更新を含む持続可能な変革計画の実施を支援するとしている。

【参照ページ】
(参考記事)UPDATE 1-Air France-KLM tests European high-yield debt appetite with sustainability-linked bond

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る