トラックメーカーScania、サプライチェーンの脱炭素化を目指し2030年の目標を設定

トラックメーカーScania、サプライチェーンの脱炭素化を目指し2030年の目標を設定

9月16日、スウェーデンに拠点を置くトラック・バスメーカーのScaniaは、2030年までにサプライチェーンを脱炭素化するという新たな目標と、最も一般的な生産材料とバッテリーから排出源を排除する戦略の策定を発表した。

本戦略と2030年目標は、まずScaniaの生産拠点の大半を占めるヨーロッパでの生産を対象とする。その後、中国とラテンアメリカでの生産も含めるよう拡張する予定だ。

Scaniaは、2020年にSBTi(Science Based Target initiative)によって承認された科学的根拠に基づく気候目標を持つ初の大型車メーカーとなり、2025年までにスコープ1および2のCO2排出量を2015年比で50%削減する目標や、同日までに自社製品の炭素強度を20%削減する目標を掲げている。今年初めには、役員に対する上級役員報酬を、気候変動目標に対する会社の業績と連動させた。

同社は、主要な生産材の排出源を概説し、電池・鉄鋼・アルミニウム・鋳鉄で約80%を占めていることを明らかにした。同社は、2030年までに生産に占めるグリーンバッテリー、グリーンスチール、グリーンアルミニウム、グリーン鋳鉄の割合を100%とすることを目指しているという。

【参照ページ】
(原文)Scania to decarbonise its supply chain by 2030
(日本語訳)トラックメーカーScania、サプライチェーンの脱炭素化を目指し2030年の目標を設定

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る