Nordea、気候変動に配慮した初のサステナビリティ・リンク・ローンを発行

Nordea、気候変動に配慮した初のサステナビリティ・リンク・ローンを発行

9月14日、北欧の金融サービス会社であるNordeaは、41億ノルウェークローネ(約570億円)の債券の発行を発表した。この種の債券としては初めて、調達資金をサステナビリティ・リンク・ローンに限定して充当するものだ。

サステナビリティ・リンク・ローンは、持続可能な金融の中でも最も急速に成長している分野の一つで、発行体の特定のサステナビリティ目標の達成度に連動した利払いなどの特性を備えている。Nordeaによると、グリーンボンド等では、調達した資金を特定のグリーンプロジェクトにしか充当できないのに対し、サステナビリティ・リンク・ローンは、調達資金を一般企業の目的に柔軟に使用できるため、企業の関心が高まっているという。

Nordeaの新債券は、グリーンボンドと同様のフレームワークで発行され、資金使途の適格性が概説されている。同フレームワークによると、債券発行による資金は、気候変動対策に貢献し、外部の審査員によって「重要」かつ「野心的」とみなされ、サステナビリティボンド原則に沿った主要パフォーマンス指標を持つサステナビリティリンクローンの融資や借り換えに使用できる。

Nordeaは、「グリーン」とはみなされないが、サステナビリティ目標と強いつながりを持つ「移行資産」に対応するために、このフレームワークを開発した。

【参照ページ】
(原文)Nordea issues innovative bond to fund sustainability-linked loans
(日本語訳)Nordea、気候変動に配慮した初のサステナビリティ・リンク・ローンを発行

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る