Nordea、気候変動に配慮した初のサステナビリティ・リンク・ローンを発行

Nordea、気候変動に配慮した初のサステナビリティ・リンク・ローンを発行

9月14日、北欧の金融サービス会社であるNordeaは、41億ノルウェークローネ(約570億円)の債券の発行を発表した。この種の債券としては初めて、調達資金をサステナビリティ・リンク・ローンに限定して充当するものだ。

サステナビリティ・リンク・ローンは、持続可能な金融の中でも最も急速に成長している分野の一つで、発行体の特定のサステナビリティ目標の達成度に連動した利払いなどの特性を備えている。Nordeaによると、グリーンボンド等では、調達した資金を特定のグリーンプロジェクトにしか充当できないのに対し、サステナビリティ・リンク・ローンは、調達資金を一般企業の目的に柔軟に使用できるため、企業の関心が高まっているという。

Nordeaの新債券は、グリーンボンドと同様のフレームワークで発行され、資金使途の適格性が概説されている。同フレームワークによると、債券発行による資金は、気候変動対策に貢献し、外部の審査員によって「重要」かつ「野心的」とみなされ、サステナビリティボンド原則に沿った主要パフォーマンス指標を持つサステナビリティリンクローンの融資や借り換えに使用できる。

Nordeaは、「グリーン」とはみなされないが、サステナビリティ目標と強いつながりを持つ「移行資産」に対応するために、このフレームワークを開発した。

【参照ページ】
(原文)Nordea issues innovative bond to fund sustainability-linked loans
(日本語訳)Nordea、気候変動に配慮した初のサステナビリティ・リンク・ローンを発行

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る