Schneider ElectricとTemasek、Energy-as-a-Serviceを提供する合弁会社GreeNextを発足

Schneider ElectricとTemasek、Energy-as-a-Serviceを提供する合弁会社GreeNextを発足

12月8日、重電設備世界大手Schneider ElectricとTemasekは、太陽光とバッテリーのハイブリッドマイクログリッド技術を通じて商業および産業界の顧客に持続可能で回復力のあるエネルギーソリューションを提供する合弁会社、GreeNextの発足を発表した。

GreeNextは、太陽光発電を配電し、デジタル技術で最適化されたバッテリーを内蔵して電力を貯蔵し、導入速度を高める標準化マイクログリッド技術を利用する。エネルギー・アズ・ア・サービス(EaaS)として、GreeNextは、契約期間中、多額の初期投資や高価なインフラのアップグレードの必要性を排除する。再生可能エネルギーを利用することで、顧客は二酸化炭素排出量を削減し、電気料金を下げ、より弾力的なエネルギー供給を享受することが可能になる。

両者はまず、インドで実証プロジェクトを実施する予定であり、その後、東南アジアへの拡大を目指すとしている。

【参照ページ】
(原文)Schneider Electric and Temasek Launch GreeNext to Provide Sustainable and Resilient Energy-as-a-Service
(日本語訳)Schneider ElectricとTemasek、持続可能で回復力のあるEnergy-as-a-Serviceを提供するGreeNextを発足

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る